確定申告は3月15日、消費税申告は3月31日までに

2月16日から始まった確定申告も残すところ1週間となりました。税務署では申告相談に応じず、少数の相談会場にまとめています。その為、長時間待たされ、相談もできず、言われるままに申告書を書かされ(もしくはPCで入力)、もんもんと帰ってくる人も多いのではないでしょうか?
確定申告で所得が決まると所得税がその場で決まります。しかし、所得が決まると後から、住民税、国民保険料(税)や保育料などが決定され納付書が送られてきます。
税金を払いたくても払える状況ではない、去年の分もまだ残っている・・・などの悩みは相談できる状況ではありません。
また、「家を買いたい」「車を買いたい」などの将来設計と税についてなどの相談をしている余裕はありません。

民商は小規模事業者の集まりです。「仕事をして生活をする」「夢や希望をもって将来計画」「現状の打破」などの相談も大丈夫!!
申告締め切りまで残り少ないですが、民商で相談して納得の申告をしませんか?
まずは電話(072-939-8243)でお問い合わせください。

また、申告期日を過ぎたからと言って、申告書を提出しなければ、あとからペナルティ(加算税)があります。
民商では商売のこと、生活のこと、なんでも相談してください。

Follow me!